スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

アポカリプスネスト攻略

アポカリプスネスト

ark2.png


Lv40から入場可能。ポータルは時空の庭園内。4人ネスト。

各試練のボスを倒すと鍵が手に入り、その鍵を使って扉を開けていく流れになるのですが、最短ルートが完成しているため探索以外では全部回る必要はないです。

最初の幽霊を倒した後、左の奥側の扉を開けてそのまま道なりに。3つ目の試練を突破したらUターンして、最初の広場の向かって右側の扉へ。これで先に進めるようになります。ステージ概要としては、第二の試練のみある程度自由に選択できます。試練の配置は異なりますが、ノーマルでもヘルモードでも一緒で大丈夫です。


第一の試練 恐怖のデスレイ

白い幽霊。ヘルモードでは2体。赤い目玉に当たるとスキル使用不可デバフを貰います。それだけ。


第二の試練 闇夜のデスクライ

今度は黒い幽霊。死神っぽい方。無敵状態で出現します。中央のギミックを調べると部屋の一部に光が差し込むので、そこに誘き寄せると攻撃が通るようになります。光の場所がパターン化されていたノーマルとは異なり、ヘルモードでは完全にランダム。


第二の試練 同胞のファントム

シャドーが何体か出現するので、その中の本物を倒せばラウンドクリア。本物の出現位置はノーマルが中央、ヘルモードだとランダム、なんですけど最初に本物がぽつんと1体だけ出現して、その後に偽物が一斉に湧く感じなので、なんにせよ最初に現れた奴を叩けば大丈夫。


第二の試練 復讐のリン

ウィスプ。ドーナツ状のステージをぐるっと回って移動しないといけないのと、たまにボスがワープしてどっか行くのに苛々するだけの場所。ノーマルだとこいつを倒してUターン。ヘルモードだと寄らなくていい場所。


第二の試練 傲慢のレバント

キャプテンランドー型のボス。時間経過と共に硬くなるけど気にしなくて平気。登場MOBの問題で、ヘルモードよりノーマルの方が鬼畜という珍しい場所。ヘルモードだとこいつを倒してUターン。ノーマルだとこいつを倒した時点で封印が解けて先に進めます。


第二の試練 ダラール

骨牛。牛と同じ色のグールを全滅させると牛に攻撃が通るように。最初は赤も青も1匹ずつしか沸かないので、レベリング中だったとしても一撃で済ませたいところ。適正装備ソロとかだと地獄を見ます。ノーマルだと寄らなくていい場所。ヘルモードだとこいつを倒した時点で封印が解けて先に進めます。


第二の試練 偏執のベルヘント&執着のグルント

誰も行きたがらないし、実際に行かなくてもクリアできてしまう可哀想な場所。その理由は、道中の物体破壊に紋章グラビティが10発くらい欲しくなるから。


第三の試練 狂信のブルラン

雷を纏った変態。1ゲージを切ると使ってくるだいしゅきホールドが有名。両手を上げてドシンドシンとプレイヤーを追跡し、倒れ込むかのようなダイナミックハグが昔は超脅威でした。無敵貫通。今でも普通にそこそこHPを持って行かれます。


アポカリプス

実はこれ未来の○○○。道中、テロップで励ましてくれる声もこの人の。

・レーザー

何本か忘れましたけど、触手の先から八方へレーザー発射。むしろレーザーが走らない空間の方が広いでの、触手の位置をなんとなく覚えておけば当たらない。

・触手ひっかき

ひっかきというか串刺しというか。

・イベポレーション

・連続イベポレーション


地面がピンク色に染まって、爆発。後者はノーマルでは使ってこないです。

・回転体当たり

くるくる回ってゆっくり追跡。ゆっくりではありますけど武器出しプレイヤーよりやや早いです。

・回転レーザー

口から野太いレーザーを放ちながらその場で回転する攻撃。欲張って攻撃せずにさっさと密着した状態で動けば当たらないです。サードコアでは使用時、必ず中央にワープするように。こっそりと無敵貫通になっているのですり抜けができなくなりました。あともしかしたらゲージ毎使用なのかも。

・触手召喚(バフ消し

体をふりふりして自律する触手MOBを召喚。こいつらに拘束されると面倒臭いので、接近せずに範囲スキルで早めに掃除してしまいましょう。なぜかアポ本体のイベポでよく吹き飛んでいます。




ドラゴンネスト・攻略ブログ
関連記事
スポンサーサイト
00:00 : 他ネスト攻略トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。